マンションの空き巣対策はどうしたらいい?防犯グッズもご紹介!

不動産コラム

賃貸マンションで一人暮らしをするにあたって心配なのは、やはり防犯面ですよね。

 

空き巣対策のためには、常にきちんと施錠をするよう心がけることがなによりも大切です。

 

しかし、窓を割るなどして侵入する空き巣も多いため、施錠に加えて十分な防犯対策をしておきたいですね。

 

そこで今回は空き巣の特徴や、被害に合わないために設置しておきたい防犯グッズをご紹介します。

 

要対策!賃貸マンションに侵入する空き巣の特徴とは?


空き巣


「空き巣が犯行前に現場周辺を下見する」というのは、よく知られていますよね。

 

空き巣は前もって物件周辺をうろついて「侵入しやすい家なのか」「防犯対策が行き届いているのか」といった点をチェックしています。

 

玄関や窓の鍵をかけていないような不用心な部屋は、空き巣にとって犯行に及ぶことが非常に容易な場所ですから、注意すべき状態です。

 

もちろん、空き巣が侵入してくるのは施錠していない玄関や窓だけではありません。

 

きちんと鍵をかけておいても、空き巣は玄関の鍵をピッキングしたり、窓ガラスを割ったりして侵入するものなので、十分な注意が必要です。

 

マンションで空き巣に入られないようにするための対策グッズ


補助鍵


1.玄関や窓に補助鍵をつけて対策する>

 

玄関ドアや窓に補助鍵をつければ、空き巣が解錠しにくくなるため被害を防ぐことができます。

 

ただし、ドアや窓に穴を開けるようなタイプの補助鍵は、賃貸マンションではつけられないことがほとんどです。

 

補助鍵を設置するときには大家さんに許可を取るか、両面テープ式など建物にキズをつけないタイプの補助錠を用意するのがよいでしょう。

 

2.窓に防犯フィルムを貼りつけて対策する>

 

窓ガラスが割られるのを防ぐために、マンションの窓には防犯フィルムを貼っておきましょう。

 

防犯フィルムは部分的に貼るのではなく、窓全面に貼ったほうが防犯効果を高められます。

 

3.ダミーの防犯ステッカーを貼って対策する>

 

「防犯システム稼働中」「防犯カメラ作動中」といったステッカーを玄関に貼っておくのもおすすめですよ。

 

たとえ防犯システムや防犯カメラを設置していなくても、ステッカーがあるだけで「この家は防犯対策しているので入りにくい」と思わせることができ、空き巣への抑止力になります。

 

まとめ


空き巣は、防犯対策をしていない家やマンションを選んで盗みに入るという特徴があります。

 

きちんと防犯対策をしていれば、それだけで空き巣に入られる確率をかなり減らすことができますね。

 

安心して生活するためにも、さまざまな防犯グッズを使って空き巣対策をしておきましょう。


ジェントルホームでは、福岡市の中古マンション・中古戸建て・リノベーション物件をご紹介しております。

 

ご希望する間取りやこだわりたい設備などございましたら、お気軽に当社までご相談ください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!の画像

    売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!

  • 20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?の画像

    20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?

  • 住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?の画像

    住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?

  • 分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策の画像

    分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策

  • 新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?の画像

    新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?

  • マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介の画像

    マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介

もっと見る