広い空間を快適に使うためのウォークインクローゼットの収納アイデア

不動産コラム

近年人気の高いウォークインクローゼット、一戸建てだけでなく分譲マンションなどでも多く採用されていますね。

 

普通の収納を比較して面積の広さや自由度の高さが魅力ではありますが、散らかりやすいというデメリットもあります。

 

今回はウォークインクローゼットの収納アイデアについてご紹介します。

 

広い空間を快適に使うためのウォークインクローゼットの収納アイデア

ウォークインクローゼットのメリットを活かす収納アイデア


一般的な収納とウォークインクローゼットの違いは、人が歩けるスペースが確保されているかどうかです。

 

物件の間取り図などにはクローゼットは「CL」、ウォークインクローゼットは「WIC」と表記されます。

 

ウォークインクローゼットは1畳半程度の広さのものから3〜4畳のものまで幅広いです。

 

ウォークインクローゼットのメリットは、ずばり空間の広さです。

 

人が入れるスペースがあるので、中で着替えができたり、広いので衣類を選ぶ際も快適です。

 

衣類だけでなく、扇風機や季節用の布団、トランクなどの大物も収納することができます。

 

一方でスペースが広い分、適当に何でもかんでもしまってしまうと散らかりやすいというデメリットもあります。

 

収納する物の定位置や、一定以上物が増えると捨てるなどのルールを決めておくと良いでしょう。

 

せっかくの広い空間も通路を確保できないほどに物が溢れてしまったら意味がありません。

 

不自由なく出入りできる空間を上手に残しながら、物を収納することが大切です。

 

ウォークインクローゼットの収納アイデア:ハンガーパイプや収納ボックス


ウォークインクローゼットを上手く使いこなすための収納アイデアをご紹介します。

 

基本的に備え付けられていることが多い収納「ハンガーパイプ」は、ハンガーを吊り下げることのできる突っ張り棒です。

 

ハンガーパイプには洋服をかけるので、その下はデッドスペースになりがちです。

 

空いたスペースに収納ボックスや棚などを設置することで有効活用できます。

 

衣服の長さに合わせて下のボックスを階段式に設置するのも良いアイデアですね。

 

一方で日常の動作を考慮すると、日々使用するものを低い位置に収納するのは不便です。

 

使う頻度の高い衣類はハンガーにかけ、あまり使用しない衣類を低い位置にしまうと良いですね。

 

プラスチック製の半透明の衣装ケースも中身が透けて見えるので管理しやすいです。

 

ハンガーパイプに掛けて使うタイプの収納ポケットは、小物などを目線の高さに収納できるので使い勝手も良いです。

 

空間が広いので、収納するものの種類や個人ごとに収納位置を分けるというアイデアもあります。

 

夫婦で使用する場合など、両側を2人で使い分けることで散らかりにくく収納がしやすくなります。

 

広い空間を快適に使うためのウォークインクローゼットの収納アイデア


まとめ


今回はウォークインクローゼットの収納アイデアについてご紹介しました。

 

ウォークインクローゼットをうまく使いこなすには、収納グッズを工夫し物の定位置やルールを決めることが重要です。

 

収納グッズ活用して散らかりにくく使い勝手の良いウォークインクローゼットを目指しましょう。


私たちジェントルホームズでは、福岡市を中心に不動産を多数取り扱っております。

 

住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!

 

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!の画像

    売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!

  • 20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?の画像

    20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?

  • 住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?の画像

    住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?

  • 分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策の画像

    分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策

  • 新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?の画像

    新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?

  • マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介の画像

    マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介

もっと見る