マイホームでできる手軽な防犯対策とは?防犯で日常の中で気をつけることの画像

マイホームでできる手軽な防犯対策とは?防犯で日常の中で気をつけること

不動産コラム

マイホームでできる手軽な防犯対策とは?防犯で日常の中で気をつけること

マイホームは、マンションに比べて窃盗などの被害に遭いやすい傾向にあります。
窃盗や空き巣に侵入されると、金品を奪われるのみならず、窓ガラスを壊されるなどと家にも被害が発生します。
この記事では、マイホームでできる手軽な防犯対策をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

設備面で行えるマイホームの手軽な防犯対策

マイホームは2階建てや3階建ての家であり、マンションよりも空き巣や窃盗の被害に遭いやすいです。
以下のようなマイホームは、泥棒が入りやすい家だと判断します。

●夜間に門灯がついていない
●塀や垣根で外から家が見えない
●庭に木を植えて目隠しになっている
●塀やバルコニーから2階に上りやすい


防犯対策の基本は、窓やドアに施錠を行うことです。
家にいるときや外出するとき以外にも、数分家を空けるだけでも施錠しておきます。
また、死角を作らないようにすることも防犯対策の基本です。
高い塀、生け垣、植物などで道路から家が見えないようにはせず、見通しを良くします。
センサーライトを設置する、照明は常夜灯にする、防犯砂利を敷くなども手軽な防犯対策です。
鍵はディンプルキーなどとピッキングしにくい種類にします。
窓は補助キーを設置して窓から犯罪者が侵入しにくくしておき、防犯ガラスで窓を割れにくくします。
窓の格子は、力を入れるとすぐ取れますが、縦格子よりも面格子の方が取れにくいです。

日常の中で防犯対策として気をつけること

窃盗犯が一戸建てへ侵入する経路としては、窓からの侵入が多いです。
1階の窓は侵入しやすいので、シャッターを取り付け、夜間シャッターを下ろすと侵入しにくくなります。
2階はベランダやバルコニーがあると踏み台にして侵入する場合もあります。
2階の窓には、補助キーをつけるなどして、窓を開けにくくしておきます。
一戸建てへの侵入経路としては、ドアからの侵入も多いです。
1つの鍵だとピッキングしてドアを開けやすいので、2つの鍵をつけるツーロックにした方が防犯性が高まります。
運送業者や役所の人間を装って、ドアを開けさせて侵入するケースもあります。
配達予定のないような郵便物や、来客予定のない人間が来たときは、ドアを開けずにドア越しに対応します。
チェーンロックもある程度有効であり、ドアはチェーンをしたまま少しだけ開けて、誰が来たか確認します。
不審に思ったら、名刺や社員証、IDカードなどを提示してもらいましょう。

必見|1000万円以下物件特集

まとめ

一戸建てはマンションよりも空き巣などに狙われやすく、マイホームを購入した後は、防犯対策を十分に行います。
窓とドアからの侵入が多いので、この2つを重点的に防犯対策します。
家の死角を作らない、夜は常夜灯をつけるなど、侵入しにくい環境を作るのも防犯対策です。
私たちジェントルホームズでは、福岡市を中心に不動産を多数取り扱っております。
リノベーション済み物件も多数取り扱っておりますので、気になる物件などございましたら当社までぜひお問い合わせください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!の画像

    売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!

  • 20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?の画像

    20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?

  • 住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?の画像

    住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?

  • 分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策の画像

    分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策

  • 新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?の画像

    新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?

  • マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介の画像

    マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介

もっと見る