マイホームを購入する際の住宅ローン「フラット35」について

不動産コラム

マイホームの購入を検討した場合、住宅ローンを組むことになりますが、銀行オリジナルの住宅ローンもあれば、公的な機関が提供する住宅ローンもあります。

 

今回は、公的な機関が民間の金融機関と提携して融資を行う住宅ローンの代表「フラット35」について、その概要とメリットを中心にまとめてみました。

 

マイホームを購入する際の住宅ローン「フラット35」の概要について


マイホーム


まずは、「フラット35」の概要です。

 

「フラット35」は、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)が民間の金融機関と提携して融資を行っている住宅ローンであり、新しい住宅ローンの形ともいえます。

 

その最大の特徴は、全期間固定金利型(原則)であることです。

 

住宅ローン審査についても、勤続年数や勤務形態などが問われないこともあり、転職して間もない方や契約社員、派遣社員の方でも借り入れがしやすくなっています。

 

一方で、購入する不動産の審査基準は厳しく、住宅金融支援機構の技術基準を満たなければ、融資されることはありません。

 

申し込みについては、銀行やフラット35専門の窓口などが受け付けていますが、申込者本人の年齢が原則満70歳未満であり、安定的な収入があること、返済負担率(年収と返済額の割合)が一定以下であることが求められます。

 

マイホームを購入する際の住宅ローン「フラット35」について:4つのメリット


メリット


続いて、「フラット35」のメリットについて、4つのメリットをご説明します。

 

①全期間において固定金利である

 

借り入れ時に返済額が確定することから、資金計画が立てやすくなり、進学や車の買い替えなど、ライフイベントに合わせた借り入れが可能です。

 

②多彩なメニューと確かな技術基準がある

 

たとえば「フラット35S」については、省エネルギー性、耐震性などを備えた質の高い住宅を取得する場合に、「フラット35リノベ」については、中古住宅取得と性能向上リフォームのセットで一定期間の金利が引下げられます。

 

さらに、ローン審査として機構が定める技術基準に基づく物件検査が実施されることも、安心安全な住まいを購入するにあたり、メリットとなるでしょう。

 

③保証人や繰上返済手数料が不要


返済中に繰り上げて返済したい場合や返済方法の変更を行う場合にかかる手数料が無料であることから、資金計画の見直しがしやすくなるといえます。

 

④多様な返済方法変更のメニューがある

 

自専用サイトで住宅ローンの借入金残高照会や一部繰上返済の申込み、住まいのお手入れ情報の閲覧等を行えるサービスを設けており、計画的な返済をする際に役立つでしょう。

 

まとめ


「フラット35は全期間固定金利、住宅ローンの際に技術検査があるなど、安心安全にマイホームを購入する方のための住宅ローンといえます。

 

貸し出しの際の属人性を問われない住宅ローンでもありますから、マイホームを購入しようと思っているかたは、活用してみてはいかがでしょうか。


私たちジェントルホームズでは、福岡市を中心に不動産を多数取り扱っております。

 

住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!の画像

    売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!

  • 20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?の画像

    20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?

  • 住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?の画像

    住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?

  • 分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策の画像

    分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策

  • 新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?の画像

    新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?

  • マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介の画像

    マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介

もっと見る