マイホームの理想的な買い替えタイミングは?

不動産コラム

今住んでいるマイホームを買い換えようとしている方の中には、何から手をつけて良いかわからないという方もいるでしょう。


そもそも「買い」と「売り」を同時進行で、ベストなタイミングで買い替えできるのだろうかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

本記事では、マイホーム買い替えのタイミングを、「売り先行」「買い先行」に注目して、理想的なタイミングを紹介します。

 

マイホームの理想的な買い替えタイミングは?売り先行の場合


マイホーム


今住んでいる物件の売却相手を先に見つけマイホーム買い替えをおこなう場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

<メリット>


売り先行のメリットは、住まいを売却して資金を得るので、安定的な資金計画を立てながら買い物件を探すことができます。

 

堅実なマイホームの買い替えをおこないたいのであれば、売却を先におこない、その後で物件を探すという方法を選びましょう。

 

<デメリット>

 

売り先行のデメリットは、売却後に購入先を見つけるまでの仮住居を探しておく必要があります。

 

すぐに物件を見つけることができれば、仮住居の期間は少ないものの、場合によっては仮住居の生活が長くなってしまい、その間に発生する家賃、引っ越し費用などで余計な出費をしてしまう可能性があります。

 

余計な出費を抑えるために、どの程度の期間仮住居ができるかを考慮しながら住宅選びをするようにしてください。

 

マイホームの理想的な買い替えタイミングは?買い先行の場合


メリットデメリット


買い先行でマイホームを購入する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

簡単に紹介していきましょう。

 

<メリット>


買い先行のメリットは、購入に時間をかけることができるため自分の納得のいく物件を選ぶことが可能です。

条件が良い土地、建物に特にこだわりたいという方は、買い先行でマイホームを買い替えることをおすすめします。

 

<デメリット>


最大のデメリットは、買い先行の場合、前に住んでいた物件を引き渡すまでの間、前の物件のローンを支払いながら、新しいマイホームのローンを支払わなければなりません。

 

すぐに、前に住んでいた物件を買ってくれる人を見つけることができれば、二重ローン問題を早急に解決することが可能ですが、タイミングが悪く引き渡し先が見つからない場合探し続ける必要があります。

 

二重ローン問題を回避するために、マイホームを買い先行で買い替える方は、ローンを完済してからマイホーム買い替えに取り組むなどの対策をたてるようにしてください。

 

まとめ


マイホーム買い替えのベストなタイミングは人それぞれです。


買い先行でうまくいく場合もいれば、売り先行でうまくいく場合もあります。


どちらが良いということはないので、状況を判断しながら進めるようにしましょう。

 

どちらの方法でも慎重に計画し実行すれば、失敗する可能性は低いので、マイホーム買い替えはどのタイミングがベストかを始めに計画するところからはじめましょう。


私たちジェントルホームズでは、福岡市を中心に不動産を多数取り扱っております。

 

住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!

 

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!の画像

    売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!

  • 20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?の画像

    20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?

  • 住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?の画像

    住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?

  • 分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策の画像

    分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策

  • 新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?の画像

    新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?

  • マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介の画像

    マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介

もっと見る