一戸建てに防犯カメラをつけたい!DIYで防犯カメラを設置する方法

不動産コラム

防犯対策として、一戸建てに防犯カメラを設置したいという方は多いですよね。

 

防犯カメラは業者に依頼して工事してもらうイメージがありますが、実はDIYで設置することも可能です。

 

今回は、一戸建てに防犯カメラの設置を検討されている方に向けて、DIYで設置するまでの流れやメリットについてご説明します。

 

一戸建てに防犯カメラをつけたい!DIYで防犯カメラを設置する方法


一戸建てに防犯カメラをつけたい!DIYで設置する流れ


まず一戸建てに防犯カメラをDIYで設置する流れをご紹介します。

 

最初のステップは、一戸建てに設置する場所と防犯カメラとその他必要機器の選定です。

 

防犯カメラは屋外用や防水タイプ、侵入者から目立たないものなどさまざまな種類があります。

 

さらに、防犯カメラに求める機能や品質も、どのくらいの水準が必要なのかを検討しなければなりません。

 

視野角や録音機能、録画容量、再生機能など自分にとって必要な要件をまとめておきましょう。

 

事前に設置場所を決めてから、防犯カメラを選定すると必要な機能が明確になるのでおすすめです。

 

一戸建ての場合、防犯カメラの設置は不審者が侵入しやすい場所、近所から死角になりやすい場所が多いです。

 

値段も幅広いので、機能や品質と比較しながら予算内で選びましょう。

 

そのほか、防犯カメラを設置するための機材もそろえる必要がありますが、こちらは設置方法や場所によって異なります。

 

基本的には防犯カメラを固定するための機材やバンド、そして配線を保護するボックスや管、屋外からの配線を引き込む場合は防水パテなども必要です。

 

防犯カメラによっては、ワイヤレスかつバッテリー内蔵で配線工事不要のものもあります。

 

一戸建てに防犯カメラをつけたい!DIYのメリット・デメリット


一戸建てに自分で防犯カメラを設置するメリットは、ずばりコスト面でしょう。

 

業者に依頼すると工賃がかかってしまいますが、機材の購入費用のみですむので節約したい方にはおすすめです。

 

浮いた予算で、防犯カメラの性能をあげることもできますね。

 

設置が簡単な配線工事不要の防犯カメラであれば、故障などの際に簡単に交換できるのもメリットです。

 

一方で防犯カメラの専門知識や工事の技術は、やはり専門の業者のほうが優れているでしょう。


防犯カメラの本来の目的である、防犯対策を果たせる機種を的確な場所に設置したいのであれば専門知識のある業者に依頼するほうが安心です。

 

また壁に穴を開ける配線工事などは、電気工事士の資格が必要です。

 

電気工事士の資格がない場合は、簡単に設置する機種を選ばなくてはならず選択肢が狭まるというデメリットもあります。

 

一戸建てに防犯カメラをつけたい!DIYで防犯カメラを設置する方法


まとめ


今回は一戸建てに防犯カメラの設置を検討されている方に向けて、DIYで設置するまでの流れ、メリットについてご説明しました。

 

防犯カメラをDIYで設置するとコストを抑えることができるのが最大のメリットです。

 

配線工事不要で気軽に設置できる機種も増えているので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

私たちジェントルホームズでは、福岡市を中心に不動産を多数取り扱っております。

 

住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!

 

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!の画像

    売却査定無料!福岡の不動産査定はGENTLE HOMESへ!

  • 20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?の画像

    20代での不動産購入は決して早くない!その理由とは?

  • 住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?の画像

    住宅ローンを利用するその前に!知っておきたい固定金利・変動金利とは?

  • 分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策の画像

    分譲マンションで起きる足音トラブルの事例や対策

  • 新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?の画像

    新築の浴室「広さ」はどれくらいがいいの?

  • マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介の画像

    マイホームの寝室はこだわりたい!レイアウトのコツをご紹介

もっと見る